水回りのコーティングを行なう|綺麗な見た目を維持する方法

耐久性をあげる

自宅

耐久性が高くなる。

フローリングをコーティングすることでフローリングの耐久性を高めることができますが、コーティングは水回りにも行うことができます。フッ素などを使用して保護することによって、キズが付きやすいキッチンのシンクなどもキズが付きにくくなっています。
キッチンには主にステンレスや大理石が使用されていますが、保護することによって状態を長持ちさせることが出来ます。

耐熱性を向上させることができる。

従来使用されてきたフッ素は保護能力には優れていますが、耐熱性は期待できませんでした。しかし現在普及が広がっているナノGコートという塗料であれば、高い耐熱性も期待できるのでシンクだけでなくIHヒーターなどにも使用することが可能です。また、コーティングを行うことによって保護能力が高まり、キズなどがつきにくくなることに加えて汚れも付きにくくなります。しつこい汚れなどがこびりつくことがないので、普段の水回りの掃除は水を使用して洗い流すだけでも簡単に汚れを落とすことが可能です。

免疫力の低い子どもやお年寄りでも安心できる。

コーティング剤には抗菌性や除菌性も含まれているので、浴室であれば浴槽などに塗ることによって高い効果が得られます。水のある環境はどうしても細菌が発生しやすくなってしまいますが、抗菌性の高い浴槽であれば乳幼児や高齢者などの免疫力が低い人も安心して使用することができます。抗菌性などに優れているコーティング剤は人に優しい樹脂などの成分で製造されています。人の健康に害を与えないことに加えて、もし火災などで燃えてしまったとしても環境に有害な化学物質などが発生しないように考えられています。